おまかせ 引越し 相場

おまかせの引越し相場がわかる@らくらく引っ越し

おまかせ 引越し 相場 

おまかせ 引越し 価格 

おまかせ 引越し 料金 

おまかせ 引越し 比較 

 

・仕事が忙しくて時間がない!
・妊娠中で重い荷物を運べない!

 

そんな方には「おまかせ引越し」がおすすめです。

 

その名の通り、引越し業者に荷造りから搬送、荷解きまですべておまかせするというプランです。
全部任せるって実際のところどうなの?と疑問を感じるでしょう。
実際におまかせ引越しをやった多くの人が「すごく楽だった」と言います。
引越し当日はどこに荷物を搬入するかを指示するだけで、後は本当に業者がやってくれます。
便利なサービスですね。

 

だったら引越しをする人全員がおまかせ引越しにすればいいのに!と思いますが、そうはいかないのです。
やはり費用がそれなりにかかります。
自分で荷造りや荷解きをしたほうが、引越し費用は安くなります。
だから自分で引越しの準備ができない方におすすめなのです。

 

おまかせ引越ししたいけど引越し費用も心配というのなら、1度で複数の引越し業者に見積もりを取ることができる一括見積もりサイトが便利です。
もちろんおまかせ引越しの費用も比較できます。

 

おまかせ引越し 

 

 

おまかせ引越しの注意点

 

おまかせ 引越し 注意点

 

おまかせ引越しプランなら、引越し業者が不用品の処理やエアコンの移設なども手配してやってくれますが、いくつか注意事項があります。

・通帳・印鑑・宝石・高価なものは自分で荷造りして管理しましょう。
・下着など他人に見られたくないものは先に荷造りしておきましょう。
・パソコンや写真などのデータのバックアップは取っておきましょう。
・新居のどの部屋にどの家財を置くか決めて、図にしておくと便利。
・不用品がわかるようにしておくと便利。

 

おまかせ引越しはすべてやってくれますが、これらをやっておくと引越し当日はよりスムーズに作業がはかどりますね。

 

引越しをする時には、引越し業者を利用して行うのが、一般的だと思います。
いざ引っ越すという日も速くて丁寧な仕事ぶりだったと褒めちぎっていました。

 

 

他にもいろいろな一括見積もりサイトがあります。

 

 

複数の見積でさらに安くなる!

1つ1分。3つでも3分。最もお得にしよう!!

引越し達人

・なんと最大55%安くなる!
30秒のかんたん見積もり
・引越し手続きガイド プレゼント

SUUMO引越し

電話番号入力不要!

見積もりしておけば、あなたの都合のいい時間にメールや電話で連絡できるので、時間を気にしなくていい
・クロネコヤマトの引越が人気
クロネコヤマト

引越し価格ガイド
引越し

・200社を超える業者が登録
・最大10社から見積もり

ズバット引越し
引越し

・安い引越業者を探す方法は必見


ライフル引越し
引越し

・はじめての引越しにもおすすめ

 

 

 

3月の引越し相場

 

引越し 3月

 

日本の引越しシーズンは3月で繁忙期と呼ばれています。

 

1・入学する高校生や大学生
2・就職する新社会人
3・転勤で移動するサラリーマン

 

3月はこのように4月からの新学期を迎える人が多いため、引越しの件数が多くなってしまうのです。
2月に引越しすると家賃が余分に発生しますし、4月だと間に合わないため、必然的に3月は引越ししたい人が多くなってしまうのです。

 

当然、引越し業者も3月は忙しくなります。
土日祝日ともなると猫の手も借りたいほどの忙しさになるわけです。
人員増員のためにアルバイトを募集しなくてはならない引越し業者もあり、当然ですが3月は引越し料金も高くなります。

 

1年の中で、3月の土日祝日の午前便はもっとも引越し相場の高い時期と言えるでしょう。
引越し料金というのはたいてい値引き交渉や割引交渉ができるものですが、この期間は割引に期待はできそうにありません。

 

遠距離の引越しであれば、数十万円の出費も覚悟しなければなりません。

 

大変な混みあう繁忙期だとわかっていても、どうしてもこの時期に引越ししなければならないのであれば、早めに複数の引越し業者に見積もりを取って、相場を確認しておきましょう。

 

 

引越し作業のだいたいの順番

 

引越し 順番

 

引越しの時はすることが多くて途中で挫折しそうになりますが、だいたいの手順を知っておくと無駄な動きが少なくて済みます。
ぜひ一度ご確認ください。

 

・引越し業者への見積もりですが、早くしてしまいたい気持ちはわかります。
しかし、新居の情報がないまま見積もりを依頼しても受付けてくれないこともありますし、もし受付たとしても正確な金額が計算できないので場合によっては引越し当日に追加料金が発生します。
見積もりの依頼は、新居が決まってからすぐというタイミングがオススメです。

 

・不用品ですが、引越し前に処分して荷物を減らした方が引越し費用が安くて済みます。
便利なフリマアプリなどを利用すればに自分で売ることもできますが、出品しても売れるまでに時間がかかりますから早めに動きましょう。

 

・市外へ引越しする場合は、転出届を出します。これは引越しの2週間前から受付してくれます。
うっかり忘れて転出届を出さずに引越しすると、後から提出しに戻ったり書類を送ってもらうなど面倒なことになります。
他にも役所関係の国民健康保険や年金、児童手当の手続きもしておきましょう。

 

・電気、ガス、水道などのインフラは引越し日までの料金を日割りで精算してくれます。
その方法は会社によって違うので、電話で確認してください。
ガスだけは安全確認のため、引越し日に立ち合いで元栓を閉める作業があることがあります。

 

・郵便物が新居に届かなかくなったら不便ですね。
最寄りの郵便局で「転居届」を提出しておけば、1年間は新居に郵便物を転送してくれます。
転居届を出す際に、身分証明書や前の住所が記載されたハガキなどが必要です。

 

・引越し当日は家具や荷物の運送は引越し業者にお任せください。
ただし、引越し業者が運べない荷物がありますのでご注意ください。
現金・貴金属・通帳・印鑑・高級品や、パソコンのデータ・遺影など財産やとても大切なものは自分で管理しましょう。

 

・市外引越しなら「転入届」、市内引越しなら「転居届」を新居に最寄りの役所に提出しましょう。
こちらは引越し後2週間以内に行ってくださいね。

 

・最後に運転免許証やパスポートなどの身分証、各種保険や銀行、クレジットカードなどの住所変更をしてください。
引越しではすることがたくさんありますが、少しずつ頑張ってくださいね。

 

 

引越し費用を安くする方法

 

引越し 安く

 

引越しにかかる費用を少しでも安くしたいのであれば、まずは引越しの条件を見直ししてみませんか?

 

引越し費用は荷物の量に比例して高くなりますから、引越し前にできるだけ捨てたり、あげたり、売ったりして処分して減らしてください。
粗大ゴミは費用を払って引き取りにきてもらうか、自分でリサイクルセンターなどに持ち込みましょう。

 

次に引越し日ですが、土日祝日は仕事を休まずに引越しできるという方が多いためとても人気があります。
平日に比べると土日祝日の引越し費用はやや高めです。
同じ様に「大安」も人気がありますので、出来ることなら平日に引越ししましょう。
仏滅はあまり人気がないですが引越し費用が安くなるので、六曜を気にしない方にはオススメです。

 

さらに午前と午後であれば、午前中の引越しが人気です。
誰だって朝早くに荷物を新居に運び入れて、午後からは荷解きをしたいですよね。
引越し業者は午後便や時間を指定しないフリー便であれば、割引ができるかもしれませんので急いでいないならこちらをご利用ください。

 

引越しを手伝ってくれる友人知人が多いなら、トラックと運転手だけ(チャーター便)を手配するという手もあります。

 

そして最も費用かかる遠距離引越しは、同じ方面に運びたい荷物がある人と一緒に運んでもらう「混載便」なら安くなります。
ただし混載便は日数がどのくらいかかるかわからないことなどちょっと不便な面もあります。

 

一人暮らしの荷物であれば、パック便やコンテナ便なども安いので、オススメですよ。

 

引越しの条件で変えられるところがあれば、ぜひ検討してみてください。

 

 

引越しの挨拶について

 

引越し 挨拶

 

引越しをしたら、まずご近所に挨拶に行きましょう。

 

最初に行かなければそのまま何年も過ごすことになりますから、引越しの挨拶は当日か翌日に行きましょう。

 

初日なんて早くない?と思われるかもしれません。
しかし挨拶は、引越し作業でトラックが道路を塞いだり、ドタドタ足音が響いて申し訳ありませんという謝意も込められています。

 

後回しにすると行くのが面倒になりますし、先に駐車場や道路でバッタリ会ってしまいより一層行きにくくなってしまいます。

 

マンションなら上下左右の部屋の方に、一軒家なら向こう3軒両隣に挨拶しましょう。
手ぶらで行かれる方もいますが、初対面ですから簡単な手土産を用意すると行きやすいですよ。

 

手土産はお菓子・お茶・タオル・洗剤などの消耗品で、費用は500〜1000円くらいのものがオススメです。

 

 

引越しとオプション

 

引越し オプション

 

引越し費用は人件費と交通費とオプション費の合計となります。
人件費と交通費はわかるとして、オプション費というのはどういう内容なのかわかりにくいですね。

 

引越し業者のオプションには以下のようなものがあります。

 

@エアコンの取り付け・取り外し
Aテレビの取り付け・取り外し
Bハウスクリーニング
C車の陸送
Dピアノの運搬
Eペットの運搬
F殺虫サービス
G荷物の一時保管
H盗聴器の発見

 

このように必要な人だけが選んで受けられるサービスが「オプション」なのです。

 

エアコンの移設は自分で手配すると実に面倒なんです。
車の陸送は長距離運転が苦手だったり、高速運転が怖い人、仕事が忙しくて自分で運転して持っていく余裕の無い人などに便利なサービスです。

 

リフォームなどで仮住まいに入る方の家財を預かるサービスもあります。

 

 

引越しは自分の力でする場合と業者

引越しは、自分の力でする場合と業者に依頼する場合があります。独り身だと、そこまで荷物が多くないため、自分でしてしまうことができます。

 

引越し業者に依頼した時に驚いたことは、荷下ろしにかかる時間がとても短いということでした。
段取りだけにとどまらず、二人で仕事をするとまるで違うなと思いました。
引っ越しが終わったら、市町村役場でさまざまな手続きを行う必要があります。後、近くの警察に行って、住所変更をする必要もあるでしょう。基本的には、住民票の写しを出すと、即手続きは完了します。手続きが終わった免許の裏面には、新しい住所に変更されています。
家族揃って今年の春に引っ越しを経験しました。
元々暮らしていた家を建て替えるためにすぐ近くの家に引越しました。荷物運びは友人に手伝ってもらい行ったので、引っ越しの費用自体はかからずに済みました。
ただたった一つ苦労した点は、私がまだ幼かった頃から長年使っていたピアノがかなり重量があって重く、運搬に苦労したことです。
引越をする場合、まず部屋の明け渡しをするときに金銭的なトラブルに発展する場合があります。
冷蔵庫運搬

 

部屋を明け渡す際にどのような費用がかかるのか、どのようなケースがあり弁償することになるのかなど新しい部屋を借りる前にちゃんと確認しましょう。
また、請求に及んだ場合で、納得がいかない場合は、支払わなくてもいい費用が入れられているかもしれないので、知識を正しく知っておくことが大切です。

 

引越しを実際に行うとなると、荷物のたくさん入ったダンボールをジャマにならない場所に運んだり、業者さんに混じって家財道具を運んだりと大忙しです。

 

 

しばらくの間そういったことを行っていると、手のひらは家具の重みなどで真っ赤になります。業者さんの手をふと見ると、しっかりと軍手がはめてあります。業者さんに頼むにしても、自分の軍手も絶対に必要だなと思います。

 

転居に伴う荷物まとめの際に皿やグラス、雑貨で破損しやすい物はタオルや洋服などで梱包します不要な雑誌や、新聞紙もいいですが、想像以上に量が多くなり、捨てることが大変です。引越しが終えると、多くの空ダンボールが発生しますし、それに加え紙くずも出ると予想以上にスペースを取ります。引越しばかりに限らず、仕事をやれる方は、段取りが巧みだと言われます。

 

引越しをしようとする場合、どれを先に積もうかとかどれをどの場所に収納するか等、意外に頭を使うのです。

 

 

そのため、引越し業者の鮮やかな段取りのよさに感動した経験のある方も多いと思われます。引越するとなると、電話の契約変更も必要となります。

 

ただ、固定電話以外の話をすると、携帯電話だけの人は、携帯ショップにて住所変更を行うか、ネット上で手続きするかだけで、ほかには必要なことはありません。
この頃の人たちは、固定電話を必要としないケースがほとんどです。